陰茎の治療をクリニックで行うには

クリニックによる陰茎の治療法紹介

男性器の手術で代表的なものは包茎手術ですが、その他に亀頭を大きくする手術、ペニスを長くする手術などがあります。

 

包茎手術は勃起した状態でも亀頭が露出しない真性包茎に対して行なわれるのが本来ですが、勃起時には亀頭が露出する仮性包茎に対しても早漏改善の目的や見た目の問題で行なわれることもあります。

 

真性包茎の手術は健康保険が適用されますが、仮性包茎の手術は全額自費負担になります

 

費用はクリニックによって違いますが、10~30万程度かかります。

 

手術の方法はどちらも余分な包皮を切除するものです。
包皮をリング状に切除する方法とまず縦に切開してから切除する方法があります。
伸縮性のある器官なので切除の範囲は慎重に決められます。

 

亀頭を大きくする手術には、時間がたつと身体に吸収されるヒアルロン酸を注入するタイプと、身体に吸収されないアクアミドなどを注入するタイプがあります。
どちらも亀頭のカリの部分を増大させるように注入するのが一般的ですが、全体的に注入して早漏の防止効果を狙う場合もあります。

 

ペニスを長くする手術は、身体の中にあるペニスを外に引き出すものです。
ペニスが勃起するとつけ根から肛門にかけても硬く膨らみます。
手術はペニスを支える靭帯に切り込みを入れてゆるめて、身体の中にある部分を数センチ外に引き出すものです。

 

かなり熟練を要する手術なのでどのクリニックでも行っているわけではありません。
健康保険は適用されず、費用は50万~100万円前後かかります。

 

太ってお腹が出ているためにペニスが短く見える、あるいは膣に挿入できる部分が短くなっている場合は、ペニスふきんの脂肪を吸引するという手術もあります。
費用は30万~40万円程度かかります。

 

>>重度の早漏に必要な治療はこちら<<