コラーゲンよりもさらに安全なヒアルロン酸注入による早漏対策とは?

亀頭ヒアルロン酸注入

コラーゲンとヒアルロン酸

亀頭ヒアルロン酸注入による早漏改善、こう聞くと、ある治療方法が頭の中に浮かびます。
それは亀頭コラーゲン注入による早漏改善の治療です。

 

これら二つはどちらも注射剤の一つであり、どちらも亀頭増強や早漏改善の治療時に用いられます。

 

また、治療方法も酷似しており、得られる効果、治療後の禁欲期間、短所など、どれもほぼ同じです。どちらも治療後から三日間はSEXできない点も同じですし、どちらも身体に吸収され、永久なる効果が期待できない点も全く同じです。

 

ではこれらの治療方法において一体何が違うと言うのでしょうか?
結論を言えば、ヒアルロン酸を使用する方がおススメです。

 

 

ヒアルロン酸はコラーゲンの後継的存在

上記の続きのような解説になっていきますが、ヒアルロン酸がコラーゲンに勝っている点を挙げてみます。

 

まずアレルギー反応が第一に挙げられます。
これはあくまで患者の体質の問題ですが、コラーゲンを注入した際、非常に低確率ではあるものの、患者がアレルギー反応を起こしてしまうケースがあり、実際に治療の際にはアレルギー検査が必要になります。

 

ちなみにアレルギーの症状としては、皮膚の変色や痛み、かゆみなどが挙げられます。
こうしたアレルギー反応を起こす具体的な確率はおよそ5%ほどです。

 

一方ヒアルロン酸注入においても全く同じアレルギーのリスクがあるものの、その確率はコラーゲンに比べて圧倒的に低く、約0.0012%と言われています。

 

また、どちらも永久に効果が継続されないものの、実際の継続期間はこれもヒアルロン酸の方が長いと言われており、コラーゲンの半年から一年に比べ、ヒアルロン酸では一年ほどの効果継続が期待できます。

 

これらの点でヒアルロン酸がコラーゲンを上回っているため、現状では早漏改善の治療時にはヒアルロン酸を使用する医師が多く、ヒアルロン酸はコラーゲンの後継的存在になりつつあります。

 

非常に似た二つの治療方法ですが、ここで説明したようにヒアルロン酸の方が勝る点が多いため、治療方法の選択肢としてはヒアルロン酸注入をおススメします。