包茎手術ってリスクはあるの?!

包茎手術

包茎手術とはふつうは、勃起しても亀頭が露出しない真性包茎に対しておこなわれる手術です。

 

真性包茎は包皮の先端の開口部が小さく、手でむいて亀頭を露出することができません。
勃起すると痛みがある場合もあり、性行為が困難です。

 

恥垢がたまっても洗えないなど衛生的にも問題があるため手術が必要になります。
健康保険が適用されるので、自費負担が3割の場合は3万円前後で手術できます
手術は余った包皮を輪切りにする方法と、最初縦に切開してから切除する方法があります。

 

手術そのものは難しいものではなく日帰りの手術ですが、ペニスは伸縮の幅が大きく、敏感な感覚器官が集まっている場所でもあるので、包皮の切除範囲の決定や縫合は慎重に行なわれる必要があります。

 

勃起したときは亀頭が露出する仮性包茎は医学的には手術が不要とされており、健康保険は適用されません

 

自費による治療費は十数万円から数十万円まで医院によってまちまちです。
手術の方法は基本的には真性包茎と同じです。

 

形成外科、美容外科などのホームページでは、仮性包茎は早漏の原因になるとして手術を奨めるものが多いようです。
クリニックによる陰茎の治療法はこちら

 

ふだん包皮に包まれていてパンツで擦れることがない亀頭は摩擦の刺激に弱く、性行為のピストン運動ですぐ射精してしまいがちだというのがその理由です。

 

しかし仮性包茎と早漏がどの程度の関係があるかははっきりしていなく、正式なデータがあるわけではありません。
また、早漏の原因が亀頭の過敏さにあるという通説にも疑問が呈されています。

 

亀頭そのものの過敏さというより、精神面での過敏さやナイーブさが原因と考えられるケースも多くあります。
自律神経の失調で射精中枢が早すぎる反応をするのが原因とする説もあります。