認知度がそこまで高くない亀頭パフォームの注入による早漏改善法をご紹介します

亀頭パフォーム注入

亀頭パフォーム注入のイメージ

亀頭パフォームの「パフォーム」とは、安全性の高い、医療用の注入素材です。

 

つまり亀頭パフォーム注入というのは、このパフォームを亀頭に注入する治療方法で、効果としては亀頭に張りを出して硬くし、さらに大きくできます。

 

この効果の特性上、世間では亀頭パフォーム注入は、“亀頭増大の効果をもたらす治療”というイメージが根付いています。それも間違いではないですが、実際にはそれ以外の効果もあり、実は早漏改善を狙うこともできるのです。

 

 

なぜ早漏改善に繋がるか

そもそもなぜ亀頭パフォーム注入で、早漏が改善できるのでしょうか?
これは亀頭が硬くなることで性感に対する持続力が高まるのが理由で、そもそも亀頭増大で得られる亀頭の張りと硬さこそが、早漏改善にそのまま繋がっているわけです。

 

こう説明すると、亀頭パフォーム注入において早漏改善はあくまで亀頭増大のおまけであり、メインの治療とはなり得ないイメージを受けることでしょう。
しかし実際にはそうではなく、早漏改善をメインの治療とした亀頭パフォーム注入を行うことも可能です。

 

 

亀頭パフォームの知識

さて、実際に亀頭パフォームを行うには、専門のクリニックで治療の一つとして希望することができます。
そして治療の特性上、包茎治療や亀頭増大、強化の治療を行うクリニックで扱われているケースが大半です。

 

また、あくまで治療の一つであるため、注意点もいくつか存在します。

もちろん医師が説明してくれるでしょうが、まず間違いない点としては、

  • 治療後一定期間はSEXができないこと
  • 同じく入浴も一定期間できないこと

が挙げられます。

 

具体的な期間は医師の判断によるでしょうが、およそ一週間ほどの期間を告げられることが大半です。

 

「亀頭パフォーム=亀頭増大」、その認識は決して間違いではないものの、早漏改善の効果があることも忘れてはいけません。
これを知らない男性にとっては、早漏改善策としての選択肢が一つ広がることになりますね。

 

その他の早漏改善対策に鍼灸治療などもあります。